--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年11月05日 (土) | 編集 |
信号の行く手しめすごと灯火があると信ずるあてなき日々に

定年後とても時間をもてあまして
いる。

これではイカン
なんとかせねば。

スポンサーサイト
2016年11月05日 (土) | 編集 |
働いていた頃の短歌ひもとけば吾ならぬ吾の現われ来たり

人間とは火事場の「馬鹿ちから」とは
よくいったもので

やらざるを得なくなると、なんとか
なるものなのだな

と思うこのごろです。

xt7v4q
2016年04月06日 (水) | 編集 |
今まで勤めていた会社を辞めざるを得なく
なった時、

せっかくある失業保険を使わない手は
ないでしょう。

しかし、会社を辞める前に確認していく
ことがあります。

それは

失業保険の受給資格の条件を満たして
いるかどうかです。

その一つが

退職する前の2年間に

雇用保険に加入していた期間が通算で
12ヶ月以上あることです。

この2年と言う期間を設けたのには理由が
あって

2年間の間にいくつかの会社を渡り
歩いても

その全ての雇用保険の期間を通算できる
というありがたい期間なのです。

その二ですが

退職日からさかのぼって
一ヶ月ごとに賃金の基礎になる日数が
11日以上あり、

その11日以上ある月が12ヶ月以上あることです。

なかなか複雑に感じますよね、

失業保険について分からないこと
或いは興味のある方は

失業保険についてまとめたブログを
用意しています。

今すぐクリック
失業保険一般について
2016年04月04日 (月) | 編集 |
失業保険と言うと、如何でしょう?

人生に一度や二度はお世話になる制度
ではないでしょうか。

なかには一度や二度ではすまない方も
おられたしして・・・

失業保険は退職後の生活をしていくには
欠かせないものですよね。

失業給費を生活の糧にして就職活動に
集中できるようになるということです。

本当にありがたい制度ですよね。

ただ失業保険の申請の仕方で

①手当て日額

②給付日数

以上の項目に差がつきます。

失業保険についてまとめた
サイトがあります。

興味のある方は
今すぐクリック
失業保険一般について

私は20代で失業保険のお世話になって
以来、遠のいていますが、

当時は、失業保険の事も知識は皆無だった
ので、だいぶ損をしましたよ。

無知は死の影とか良いましたっけか?

今度は同じ轍は踏まないようにします。


2016年03月31日 (木) | 編集 |
(うつ病と傷病手当金と失業保険)

私の場合、会社に在籍の時からうつ病と医師に
診断され定年退職以後も傷病手当金で何とか
生活して来ました。

傷病手当金について詳しい内容に
興味のある方は


今すぐクリック⇒ 傷病手当金について(日記調に)

その傷病手当金も後数ヶ月で終わってしまう
のです。

休養そして定年退社後も変わらぬ休養に専念
できてます。

今後の事を考えると心が不安定になりますが
医師と相談しながら社会復帰をして行きたいと
思っています。

今、一番の懸念は傷病手当金から失業保険へ
移行するために必要なことがあります。

まず、医師に回復の状態を診断してもらう
ことです。

その際、まず働くことを前提とするなら
病状証明書を書いてもらうことから始め
です。

週に20時間労働に耐えれるようなら
失業保険に申請できます。

第二に

ハローワークに医師の診断を知らせにいく。

第三に

場合によっては失業保険の延長手続きを解除
してもらう。

第四に

失業給付の手続きに入る。

以上のような段取りになります。

失業保険について詳しい内容に
興味のある方は
今すぐクリック⇒ 失業保険一般
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。